Wクレンジング(2回洗顔)はお肌に負担をかけるので注意

Wクレンジングはするべきかどうか?で悩んでしまう人も多いでしょう。
本当のところ、朝にクレンジングを使う必要はありません。
洗顔やクレンジングは、同じものではないことを知っておいてください。

 

洗顔料は、顔についたほこりや汗のような水性の汚れを洗い流します。
そしてクレンジングはメイクや皮脂などの油性の汚れを落とすのです。
メイクを落とすときに、クレンジングを使わずに石鹸で二度洗顔するという人もいますが、
クレンジングを使わないとお肌が荒れてしまうこともあるので注意しましょう。
特に頬にできるニキビなどの原因になることが多いです。

 

そして何故朝にWクレンジングをしないほうがいいのかというと、
それは眠っている間にお肌に蓄えられた潤いの成分がすべて洗い流されてしまうからです。
洗いすぎは、お肌に逆効果になることもあります。

 

また、洗顔のしすぎは、皮脂が多く分泌する原因にもなります。
だから、注意することが必要です。

 

 

洗顔後の肌の状態について

 

洗顔した後は、お肌が少しつっぱる感覚があるぐらいがいい、という人もいます。
しかし、本当はそれは危険な状態であるといえます。
何故なら、お肌の潤い成分がすべて洗い流された状態であるからです。

 

そのうえ保湿を怠ったりすると、お肌は乾燥しやすくなります。
多くの女性がつっぱる感じとさっぱりした感じを同じもののように思いこんでいますが、実はつっぱる感じはお肌にはあまりよくないのです。
でも、さっぱりした感じは、とてもいいものです。

 

さっぱりした感じがするのは、余分な皮脂などが洗い流されて、適度な潤いが残っている状態だと考えられます。
だから、そのような洗い上がりであるなら、あなたのお肌に適した洗顔料であるといえるでしょう。
何でも人気商品というだけで買ってしまうのはよくありません。
自分のお肌にぴったりの洗顔料を選択してください。