正しい洗顔方法で顔や肌を洗おう

どんな洗顔方法がもっともいいのか、あなたは知っていますか?
もっとも正しい洗顔方法のステップは、最初に予洗い、次に本洗い、すすぎ、そしてタオルプレスの順番になります。

 

まず予洗いですが、これは洗顔料を扱う前に手を軽く洗って汚れを落とすことです。
そうしておくと、洗顔料のなかに手の汚れが移らないため安心できます。
そのほうが泡立ちもとても良くなるはずです。

 

そして本洗いです。
洗顔料を手に出してよく泡立てましょう。
泡が汚れをすべて包み込んでくれるように、ボリュームのある泡を作ることが大切です。
洗う時にはこすって汚れを落とすのではなく、指の間にできたクリーミーな泡でお肌を包み込み優しく撫でるように洗いましょう。

 

すすぎについては、ぬるま湯ですすぐのがもっともいい方法です。
お肌に適切な少し温かいぐらいの温度のお湯で、丁寧に優しく洗います。
すすぎ残しがないように気をつけることも大切です。

 

それからもっとも最終的なタオルプレスの段階では、
タオルを使って顔を拭くときには、やはりこすらないほうがいいです。
タオルを顔の上に乗せてポンポンと優しく押すようにしながら水気を取りましょう。

 

 

顔専用のタオルを使うことが大切

 

洗顔後には、どのようなタオルを使っているでしょうか?
洗顔が終わったばかりのお肌は、とても弱く敏感になっています。
何しろ、肌を守る天然保湿因子なども流されている状態ですから、当然です。

 

その弱くなった肌に触れるタオルがガサガサしていたり、不潔であったりすれば、当然お肌はダメージを受けます。
だから、洗顔後に使うタオルが、清潔で柔らかいことは最低レベルの絶対条件です。
できれば、水を優しく吸い取ってくれる絹100%のタオルを使うといいですね。

 

たかがタオルと思うなかれ、です。
何しろ、古くてガサガサのタオルがニキビを作ることもあるのですから。